黄明淑(こう めいしゅく)

研究
テーマ
「誘い」談話における中日対照研究 
略歴

[学歴]

20039月   大連外国語大学日本語学部 入学           

2007年7月 同校卒業                  

20084月 お茶の水女子大学大学院 修士課程入学           

20104月 お茶の水女子大学大学院 博士後期課程 在学中

 

[日本語教育歴]

20083~0103月   日中言語文化学院 非常勤講師

20134月~20163月 お茶の水女子大学 グローバル教育センター 非常勤講師

20164月~現在            山野美容短期大学 国際コミュニケーション学科 非常勤講師

20184~                  立正大学 非常勤講師

 

[職歴]

200712月~現在    東亜学院 中国語非常勤教師を担当

2012 4月~現在     JALアカデミー 非常勤講師を担当

201310月~現在  東京国際福祉専門大学 非常勤講師を担当

20179月~現在      学習院高等科 中国語非常勤講師を担当

 

【賞罰】

2011      平成23年度お茶の水女子大学大学院教育支援プログラム「女性リーダーを創出する国際拠点の形成」

                プロジェクト「学生海外派遣」プログラムの研究助成金をいただく

2010      平成22年度お茶の水女子大学院教育支援プログラム「日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成」

                プロジェクト「海外アカデミック・ディスカッション」プログラムの研究助成金をいただく

2008年    日本文部科学省国費留学生に選抜された

2007      大連市優秀大学生に表彰された

2007      遼寧省優秀卒業生に表彰された

2007      第三回中日友好親善大使論文大会 優勝

2006      第一回中日友好の声日本語弁論大会グラウンドチャンピオン大会優勝

2006      第十七回大連市キャノン杯日本語弁論大会 優勝

2006      第一回東北三省日本語弁論大会 優勝

2006      第一回全中国選抜中国日本語弁論大会 優勝

 

所属団体
・学会等

社会言語科学会

日本語教育学会

日本言語文化学研究会

東アジア日本語教育・日本文化研究学会

日本語/日本語教育研究会

研究
業績

【投稿論文】

(単著)黄明淑(2018)「「誘い」談話における再勧誘の言語行動の特徴」『日本語教育』164号,pp.64-78

(単著)黄明淑(2017)「「誘い」談話の「承諾」場面の終結部における中日言語行動の比較負担度が異なる2場面から」『言語文化と日本語教育』48-49号,pp.22-31

(単著)黄明淑(2015「話題の切り出しから「誘い」の意思決定に至るまでの一連の言語行動中国語母語話者と日本語母語話者の比較」『人文科学研究』10号,pp.41-55

(単著)黄明淑(2014)「「誘い」表現における中日対照研究「誘導発話」に着目して」『人間文化論叢』14号,pp.68-75

(単著)黄明淑(2013「誘い」表現における中日対照研究共同行為要求に着目して」『日本語/日本語教育』2号,pp.137-153

(共著)福富理恵・小松奈々・黄明淑呉暁婧「初中級学習者を対象としたあいづち指導気づきを促す授業デザインの有効性WEB版『日本語教育 実践研究フォーラム報告』

 

【学会発表】

(単独) 「誘い」談話における中日対照研究先行部の言語行動に着目して20回 東アジア日本語教育・日本文化研究国際大会(平成288月,ハワイ大学)

(単独)「誘い」談話における中日対照研究終結部に着目して平成225 拓殖大学  2012 年度日本語教育学会春季大会、東京

(単独)「誘い談話における誘導発話について―「誘導発話」に着目して―」言語文化と日本語教育研究会、東京(平成226月,お茶の水女子大学)          

(単独)「「誘い」談話における中日対照研究―終結部に着目して―」2012 年度日本語教育学会春季大会、東京(平成225月,拓殖大学)               

(単独)「誘い談話における構造分析―「交渉話段」における中日言語行動の比較を中心に―」第28回社会言語科学会、京都(平成219月,龍谷大学)     

(単独)「「誘い」表現における中日対照研究―誘う側の言語行動に着目して―」2010年度中国日語教育研究国際フォーラム・第六回中日韓教育国際フォーラム、大連(平成209月,大連外国語大学)

(単独)「「誘い」表現における中日対照研究―共同行為要求に着目して―」平成203月,慶応大学(第25回社会言語科学会、東京)

(共同)小松奈々、福冨理恵、黄明淑、呉暁婧「あいづち指導の実践報告―気づきを促す授業デザインの有効性―」2009年度日本語教育学会実践研究フォーラム、東京(平成198月,早稲田大学)         

(共同)「 JFL環境におけるあいづち指導―ピア活動による学習者主体の学び―」韓国日本学連合会第7回学術大会および国際シンポジウム,ソウル(平成197月,韓南大学)

趣味旅行、ピアノ、水泳、スピーチ、料理、マラソン、ハモリなど
コメント好きな一言:思えば叶う(心想事成) 佐々木泰子先生ゼミは日本語教師になりたいという夢を抱いている人たちが集まって、研究活動や教育活動をするアカデミックな場です。国籍色鮮やかで、アットホームなゼミです。